今年も!被災地域の小学生への「夏休み図書カード寄贈」を完了しました

東日本大震災から500日を過ぎ、再び夏休みの季節が始まっています。私ども<大震災>出版対策本部では昨年のこの時期、岩手・宮城・福島三県の被災地域にある教育委員会管轄の小学校児童を対象に、図書カードプレゼントを実施しました。今年も、子どもたちへの読書環境支援を一過性のもので終わらせたくないとの思いから、各県教育委員会と相談の上、昨年と同じスキームで夏休み前に子どもたちに図書カードを届けるべく作業を行ってきました。
お陰さまで7月12日に、児童1人当たり500円の図書カード(2012年版オリジナルデザイン)12万8445枚を発送し、その後、不足補充分を追加発送し、7月23日までに総計12万8536枚の配布作業を完了することができました。
各県別の送付枚数は、下記のとおりです。本プロジェクトの財源である「大震災出版復興基金」にご協力いただいたすべての皆さま、また発送と配布にご尽力くださった各教育委員会、学校関係者をはじめ多くの方々に、あらためて深く感謝申し上げる次第です。

●県別送付データ
岩手県   99校  12,355枚
宮城県  256校  88,560枚
福島県  138校  27,621枚

2012図書カードデザイン確定版
2012年図書カード台紙デザイン決定版

カテゴリー: 対策本部より   パーマリンク

コメントは受け付けていません。